育児日記はどこに売ってる?西松屋やアカチャンホンポなどの販売店をまとめてみた!

当ページのリンクには広告が含まれています。

子供の成長を記録に残しておきたい!育児日記ってどこに売ってるんだろう?

こんにちは!2児のママ、もありです。

大切なお子様の成長を、記録として残しておきたいですよね!しかし、育児日記がどこに売っているのかピンとこないですよね。

そこで調べてみたところ、以下のような場所で販売されていることがわかりました。

育児日記の売ってる場所
  • 西松屋
  • 赤ちゃん本舗
  • 書店(紀伊國屋書店など)
  • バラエティショップ(ロフトなど)
  • ネット通販

ベビー用品店や、書店などで購入することができるのね!だけど、種類がいろいろあってどれを選べばいいかわからない…

育児日記は、記録したい期間や、記録しておきたい内容に合わせて選ぶことがおすすめです!後ほど、育児日記の選び方のところで、詳しくご説明します♪

この記事では、

  • 育児日記はどこに売ってる?
  • 育児日記の選び方
  • ネットで買えるおすすめの育児日記
  • 育児日記の代用品

についてご紹介していきます。

お気に入りの育児日記を手に入れて、お子様との大切な時間を記録として残しておきましょう♪

当サイトのイチオシはこちら

目次

育児日記はどこに売ってる?

冒頭でもお伝えした通り、育児日記は下記のお店で販売されています。

育児日記の売ってる場所
  • 西松屋
  • 赤ちゃん本舗
  • 書店(紀伊國屋書店など)
  • バラエティショップ(ロフトなど)
  • ネット通販

詳しくご説明します。

西松屋

まず、西松屋で育児日記を手に入れることができます。

店舗によって異なるかもしれませんが、マタニティ用品の近くに置いてあります。

赤ちゃん本舗

また、育児日記は赤ちゃん本舗で販売されています。

マタニティグッズや、ベビー用品を買う時に一緒に購入するのもいいですね♪

書店(紀伊國屋書店など)

書店(本屋)でも、育児日記が売っています。

育児日記は、雑誌の付録についてることもあります!

ロフトなどのバラエティショップ

ロフトなどのバラエティショップでも販売されていることがあります。

ネット通販

育児日記は、Amazonや、楽天、ヤフーショッピングなどのネット通販でも購入することができます。

SNSでは、ネットで購入したという方もちらほらいらっしゃいます。

ネット通販なら、妊婦さんで出かけるのが大変な時や、家事育児などで忙しい時でも、家にいながら確実に欲しいものを手に入れることができるため便利ですよね!

ただし、ショップによっては、送料がかかるところもあるので注意しましょう。

後ほど、ネットで買えるおすすめの育児日記について詳しくご紹介しますので、良かったら参考にしてみてください♪

育児日記の選び方

育児日記がどこに売ってるかわかりましたが、いざ購入しようとなると、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね!

そこで、育児日記の選び方についてご説明します!

育児日記を選ぶポイントは以下の6点です。

育児日記を選ぶポイント
  • 記録したい期間
  • 記録に残したい内容
  • 大きさ
  • 糸綴じタイプorリングタイプ
  • 便利機能
  • ずぼらタイプか、マメなタイプか

1つずつ解説します。

記録したい期間

まず、いつからいつまで記録したいかで、選ぶ育児日記が異なります。

妊娠した時から書けるものから、20歳になるまで記入できる日記もあります。

迷った時は、生まれてから1歳までの日記がおすすめです。

記録に残したい内容

次に、記録に残したい内容に合ったものを選びましょう。育児日記の用途は、大きく分けて下記の2つです。

日記として使いたい

1日に何があったか、何ができるようになったかなど、日々の出来事を綴る日記として書きたい場合は、フリースペースが多い日記帳がおすすめです。

見返した時に思い出を振り返られるだけでなく、次に生まれてくるお子様の育児の参考になります。

生活を記録しておきたい

授乳やおむつ替えなど、生活を記録しておけるものは、ある程度、記入する項目が決まっている育児日記を選ぶことをおすすめします。

お子様の体調管理がしやすいだけでなく、パパママの頑張った記録としても残しておけます。

生活を記録しておくのが中心の育児日記は、産婦人科でもらえることもあるので、妊婦健診の時に確認してみてもいいかもしれません。

筆者は、森永乳業の生活を記録しておける育児日記をもらって、生まれたばかりの頃だけ記録していました。

ミルクをあげるタイミングや、おむつを変えたタイミングなどを記録しておくと、授乳やおむつ交換のタイミングがわかるようになり、とても役に立ちました!

森永乳業の育児日記は、生後6か月までのものは産婦人科などでもらうことができます。もし、生後7か月からの日記が欲しい場合は、「M’s club」と「M’s club 育児版」の2つに会員登録するともらうことができます!

また、お誕生から1歳までの日記帳を森永乳業のサイトから購入することもできます。価格は、1,200円です。

大きさ

育児日記を持ち歩きたい場合は、A5などのコンパクトなものを選ぶことをおすすめします。

主に、家で記入する場合は、B5などの大きめなサイズにした方が書きやすいです。

糸綴じタイプorリングタイプ

糸綴じタイプは丈夫なので、長期間保存したい時におすすめです。

リングタイプは、開いておきやすいため、こまめに記録しておきたい場合や、開いたり閉じたりするのがめんどくさいという場合に良いですよ!

便利機能

大切に保管しておきたい場合や、持ち歩く予定がある場合には、汚れや折れるのを防げるようにカバーつきの育児日記がおすすめです。

また、ペンホルダーや、写真や小物を入れておくことができるポケットがついたものがあると便利です。

ずぼらタイプか、マメなタイプか

ずぼらなタイプや、続けられるか心配な場合は、書くところが項目別に分かれているものや、○×を記入すればよいだけなど、記入するのが楽な育児日記をおすすめします。

簡単に記入できて続けやすいだけでなく、項目別に分かれてることで、あとで見返しやすいです。

マメなタイプや、日記などを書くのが好きな場合は、フリースペースの多い育児日記を選びましょう。

自由に書くことができ、楽しく日記を続けられます。

育児日記は、ネットでも購入することができます。

ネットでおすすめの育児日記は下記の5つです。

ネットでおすすめの育児日記
  • サンスター文具「スヌーピー 育児ダイアリー A5」
  • MARK’S「育児ダイアリー ポニー A5」
  • クローズピン「ベビーダイアリー かけいみき B5」
  • 学研ステイフル「育児ダイアリー A5 3年連用 ミモザ」
  • director’s inc.「BABY Diary ハタチのキミへ」

1つずつ解説します!

サンスター文具「スヌーピー 育児ダイアリー A5」

略語で簡単に記録しておける!

「スヌーピー 育児ダイアリー A5」は、略語を使って簡単に記録できるので、忙しい育児の中でも続けやすい育児日記です。

A5サイズで、ペンホルダーつきなので、持ち運びもしやすく、チャックつきポケットもあるので、写真や小物を入れておけます。

お子様が誕生した時から、1歳になるまで使うことができます。

また、生活の記録に加えて、イベント、健診、予防接種の記録などが残せます。

お祝いリストは、頂いたものをまとめて記入できるので、内祝いの準備や、他の親戚の方に子供が生まれた時などに役立ちます。

1歳になるまでは、いろいろなことができるようになり、体の成長の変化も大きい時期です。しかし、育児が大変な時期でもあります。そんな大切な1年を忘れないように、簡単に記録しておくことができる育児日記です!

MARK’S「育児ダイアリー ポニー A5」

マタニティから記録できる、リングタイプの育児日記!

「育児ダイアリー ポニー A5」は、マタニティから1歳までの記録ができる育児日記です。

リングタイプで開いておきやすく、カバーがついているので、汚れ防止や破損の心配が減り、安心して保管しておくことができます。

A5サイズでコンパクトな上に、ペンホルダーがついているので、持ち運びにも良いですね!

また、成長記録と一緒の日記帳に、お腹の中にいる時の記録を残しておけるのも嬉しいポイントです。

クローズピン「ベビーダイアリー かけいみき B5」

書きやすい大きさのノートで、マタニティの頃から記録できる!

「ベビーダイアリー かけいみき B5」は、ノートのサイズがB5のため、大きめで書きやすく、お家で書きたい場合におすすめです。

妊娠中から1歳のお誕生日まで記入できます。

主に、1日の生活を記録することがメインとなっています。時間軸のデザインなので、1日の変化がわかりやすいです。

他にも、初めてできたことや、予防接種などを記録できるページもあります。

ジッパーポケットやペンホルダーもついているため、写真や母子手帳を入れて使ったり、すぐに記入できるようペンをセットしておけることもポイントです。

赤ちゃんの大切な日々を楽しく、簡単に記録することができます♪

学研ステイフル「育児ダイアリー A5 3年連用 ミモザ」

いつからでも始めることができる、3年分の育児日記!

「育児ダイアリー A5 3年連用 ミモザ」は、3年分の記録ができる育児日記です。日付が印字されていないため、いつからでも始めることができます。

0歳の頃は日記を記録できなかったけど、育児に慣れてきた1歳以降から始めたいという時にもおすすめです。

育児日記の主な内容は、フリースペースで自由に書くことができますが、成長の記録やお子様の好きなことを記入する項目もあります。

あなたが育児して思ったことや、残しておきたいお子様の成長記録を自由に書くことができます♪

director’s inc.「BABY Diary ハタチのキミへ」

20歳になったお子様へのプレゼントにもおすすめ!

「ベビーダイアリー ハタチのキミへ」は、マタニティから20歳まで記録しておける育児日記です。サイズは、15×21.4cmです。

写真を貼れるフリースペースがあるので、写真の整理に迷ったときにもおすすめです。

前半は「思い出のページ」です。キーワードごとにお子様との思い出を記入することができます。

後半は「記録ページ」です。0歳から20歳までのお誕生日ごとに記録が残せます。1年のうちに印象に残ったことを書き込める項目もあります。

最後のページには、20歳になったお子様へのおめでとうメッセージが書けるので、成人を迎えられた時のお子様へのプレゼントにも良いですね!

お子様と過ごす20年間。かけがえのない瞬間を大切に残しておけます。

育児日記の代用品

育児日記は、セリアなどの100均や、無印良品などの日記帳やノートでも代用できます!自由に記入したい場合や、日記を続けられるか不安な時におすすめです。

今回はおすすめの育児日記の代用品を下記の2点、ご紹介します!

セリア「フリーノート B6 368ページ」

1日1ページ、お子様の様子や思ったことを自由に書くことができる!

「フリーノート B6 368ページ」は、B6サイズのノートに、1日1ページ記入することができます。368ページあるので、1年分です。

罫線・方眼・白紙のタイプがあるため、好きな用紙を選ぶことができるのもポイントです。

もし迷ってしまうのであれば、使いかた別におすすめがあるので、下記を参考にしてみてください♪

  • 文字をたくさん書きたい時⇒「罫線」タイプ
  • 情報などもまとめたい時⇒「方眼」タイプ
  • 写真を貼るなど、自由にまとめたい時⇒「白紙」タイプ

使いやすくて軽く、110円とコスパが良いため、セリアの人気の商品となっています。

ページの中には、チェックボックスがついているスペースがあります。

子供の成長を見返したい時にわかりやすくまとめたり、パパママのタスク管理に使ったりしても良いですね!

https://twitter.com/akishopisuke/status/693751665611026432?s=20

無印良品:上質紙1日1ページノート 

文庫本サイズの、開きやすいシンプルな日記帳!

無印良品の「上質紙1日1ページノート」は、フラット製本で仕上げてあるので、開きやすいのが特徴です。

368ページあるので、1日1ページ記入して、1年分あります。

サイズは、文庫本と同じA6サイズです。ノートは罫線のタイプです。

カバーがついているため、保管や持ち運びに適しています。

価格は、店舗で購入すると税込590円です。有名な「ほぼ日手帳」に似ているという口コミがあります。似ているノートが、1,000円以下で購入できるのは嬉しいですよね

育児日記に簡単に写真を貼る方法

育児日記に写真を貼りたいのだけど、簡単にできるものはないかな?

育児日記に写真を貼りたい時は、簡単に写真を印刷できるインスピックがおすすめです!

実際に購入された方が、いらっしゃいます!

まとめ【育児日記は西松屋やアカチャンホンポなどで売ってる】

最後にこの記事をまとめます。

育児日記の売ってる場所
  • 西松屋
  • 赤ちゃん本舗
  • 書店(紀伊國屋書店など)
  • バラエティショップ(ロフトなど)
  • ネット通販
育児日記を選ぶポイント
  • 記録したい期間:おすすめは、お誕生から1歳まで
  • 記録に残したい内容:生活の記録をしたいか、日々の出来事などを綴りたいか
  • 大きさ:持ち運びしたい時はA5などのコンパクトなもの、家で記入したい時はB5などの大きめの日記帳にする
  • 糸綴じタイプorリングタイプ:糸綴じタイプは丈夫、リングタイプは開いておきやすい
  • 便利機能:ペンホルダー、ポケットなどがついているものを選ぶと便利
  • ずぼらタイプか、マメなタイプか:ずぼらタイプは「項目が決められているもの」、マメなタイプは「フリースペースが多いもの」を選ぶと続けやすい
ネットでおすすめの育児日記
  • サンスター文具「スヌーピー 育児ダイアリー A5」:持ち運びやすい、A5サイズでペンホルダーつき
  • MARK’S「育児ダイアリー ポニー A5」:マタニティから記録できる、リングタイプの育児日記
  • クローズピン「ベビーダイアリー かけいみき B5」:B5サイズでマタニティから使える・生活の記録が中心の育児日記
  • 学研ステイフル「育児ダイアリー A5 3年連用 ミモザ」:3年使うことができる・日付がないので、いくつになってからでも始められる
  • director’s inc.「BABY Diary ハタチのキミへ」:20歳まで記録しておける・成人になった時にプレゼントするのもおすすめ
育児日記の代用品のおすすめ
  • セリア「フリーノート B6 368ページ」:コスパが良く、チェックボックス付きの欄もあって便利
  • 無印良品「上質紙1日1ページノート」:文庫本サイズの開きやすい日記帳

このように、育児日記は、西松屋やアカチャンホンポなどで購入することができます。お気に入りの育児日記を手に入れて、大切な思い出を残しておきましょう♪

また、母子手帳ケースについての記事もあります。ぜひ、参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元保育士で、2児のママです。

こどもグッズのお買い物やお出かけが大好きで、時間を見つけては出かけています。

子育て中、お買い物に失敗したくないパパやママの「どこに売ってる?」「なにがおすすめ?」「どこがいい?」にお答えするサイトを運営しています♪

主に筆者が出産や子育ての中で、事前に知りたかったことを元に記事にしました。

記事が、お役に立てれば嬉しいです♪

目次